ファクタリングは資金繰りに非常に有効な手段

初めてのファクタリングを検討している事業者の方に向けて、ファクタリングの気になる疑問を解説します。ファクタリングとは違う資金調達の方法も一緒に紹介しますので、自社の状況にベストな資金調達手段を選択することも重要です!

新着記事

契約

売掛金債権を活用して機動的な資金繰りを可能にするサービスに一括信託という制度が登場しています。一括信託とは銀行が提供しているサービスで、企業...

PC

商品代金の決済方法では与信行為として約束手形をふりだすという商行為が長らく主流とされてきました。約束手形は原因となる取引行為に解除や無効事由...

融資

手持ちの債権を利用して現金を調達する点で、債権担保融資(ABL)とファクタリングは類似しているのは確かです。そのため両者は混同されがちですが...

会社や個人事業などを展開していると急にまとまった現金が必要になる場合があります。
次回の受注生産のための原材料や機械類の調達や、月々の従業員への給料の支払いなど、継続的に事業を行っていく上ではキャッシュが何かと必要です。
十分な現金や預貯金など潤沢な資金力に恵まれていれば、キャッシュフローの心配をする必要も無いでしょうが、中小・零細企業はここに苦慮する場合が多いのです。
手元にまとまった現金がないのであれば、金融機関等外部から融資を受ける必要が出てきます。
しかし金融機関からは土地建物などの担保を用意して厳しい審査を通過する必要があります。
そこで不動産などめぼしい財産を有していない場合でも現金を得る方法として活用できるのが、ファクタリングになります。

ファクタリングとは、取引先に対して確保している売掛金債権を支払い期日前に売買して、対価として現金を得る取引のことです。
売掛金には業種に応じて支払いまでにある程度の期間が設定されているのが普通です。
建設業や製造業など業種によっては数ヶ月以上、支払いまで待つ必要があります。
しかし長期間入金されないままでは、運転資金不足になる事態も想定されます。
売掛金債権は支払い期日が到来すれば、売掛先の取引相手から確実な入金を見込めます。
ただ支払期日前なので現金を得ることが出来ないだけで、通常の財産同様に売買の対象にすることが出来ます。
ファクタリングとは、売掛金債権を一定の掛け目を設定して買い取り現金化しますが期日が到来するとファクタリング会社に売掛金が支払われる仕組みです。

取引

ファクタリングの仕組みには大きく分けると2社間取引と3社間取引の二つがあります。
3社間取引とは、ファクタリング会社と利用会社、そして売掛先の相手方の3社で行うスタイルです。
売掛先も債権の帰属に高い関心を持つので承諾を得ることになる3社間取引を利用するのは、当然の様にも思えますがファクタリングを利用していることが取引先が知るところになります。

ファクタリング自体は正当な経済活動ですが、資金繰りについて不安や信用状態に懸念を抱かれるのは事実です。
ファクタリングを利用するにしても売掛先に知られたくないとのニーズが強いといえます。
そこで登場したのが2社間取引によるファクタリングの利用です。
このスタイルはファクタリング会社と利用会社だけで取引を行うので、売掛先に秘密厳守で現金を得ることが出来るというメリットがあります。
ファクタリングを検討している人向けのサイトも存在するため、利用が不安な場合は参考にすることをおすすめします。