でんさいサービスとは何か?

商品代金の決済方法では与信行為として約束手形をふりだすという商行為が長らく主流とされてきました。約束手形は原因となる取引行為に解除や無効事由などが存在しても、手形の有効性に影響を及ぼさない(無因性)という特徴を有しているので手形の所持人は安心して期日に提示すれば現金の支払いをうけることが出来ます。振出人は支払い期日に支払えないことを二回繰り替えすと、銀行からの取引停止処分を受けるので、そのような事態を回避するために振出人には強いインセンティブが働くので、約束手形は決済方法の主要な地位を占めてきたわけです。

しかし約束手形には幾つかの問題点もかねてより指摘されてきました。作成時には収入印紙が必要になり、盗難被害などで紛失した場合善意取得が成立すると支払いに応じざるを得ません。また振り出し金額を分割して支払いを受けるなどの、柔軟な利用は不可能でした。このような紙ベースの約束手形が抱えるデメリットを改善しながら、決済手段としてのメリットを生かせるように考案されたのが、でんさいサービスになります。

PC

でんさいサービスとは、社団法人全国銀行協会が設立した電子記録債権記録期間の、株式会社全銀電子債権ネットワークの愛称のことです。個々に電子記録債権というのは、既存の手形・売掛債権などとは異なる新たな金銭債権のことです。その特徴は電子記録債権機関の記録原簿への電子記録のログ保存を発生・移転・行使の要件とする点にあります。約束手形のように作成時の収入印紙の貼付などのコストや紛失リスクなどを回避しながら、約束手形と同様に善意取得や原因行為の瑕疵を理由とする人的抗弁などの取引安全のための制度は承継しているので、事業者は安全性と利便性を兼ね備えた決済手段として利用することが出来ます。実際の決済の場面では、企業間取引について債権の支払いなどもパソコン上で電子記録をするだけで簡易かつ安全に取引の決済を完了させることが叶います。

電子記録でやり取りするだけで、権利行使の為に紙ベースの手形などを必要としないので、分割して行使することも可能なので、便具的利用にも対応します。期日が到来すると自動送金されるので、手形提示などの面倒な事務手続きの手間は不要です。

このような特性を有するでんさいサービスとは、電子記録だけで権利移転が可能なので約束手形に比較しても流通性に優れた決済手段と言えます。大口の債権を分割して利用するなど、無駄なく有効活用できるのはおおきなメリットです。

「ファクタリング」の記事について紹介しています。こちらも合わせてどうぞ。
契約
一括信託の仕組みを解説!

売掛金債権を活用して機動的な資金繰りを可能にするサービスに一括信託という制度が登場しています。一括信託とは銀行が提供しているサービスで、企業...

記事を読む

悪徳業者
ファクタリングは違法ではない!しかし悪徳業者には要注意です

ファクタリングは列強が世界をまたに駆けて植民地を巡り覇権を競ってきた時代から、遠方からの輸入などに際し安全な決済手段として登場してきた経緯が...

記事を読む

融資
ABL(売掛債権担保融資)とファクタリングはどう違う?

手持ちの債権を利用して現金を調達する点で、債権担保融資(ABL)とファクタリングは類似しているのは確かです。そのため両者は混同されがちですが...

記事を読む

書類と印鑑
ファクタリングを受ける際に必要なものとは?

ファクタリングを利用するには、電話やメールなどで申込み、簡単な質問で仮審査を受けてから本審査を通過することが必須です。本審査の際には経営者本...

記事を読む

審査
ファクタリングの審査は厳しい?

金融機関から融資を得るときと同様に、ファクタリングを利用するときにも審査を通過する必要があります。ただ銀行などに比較すると基準はゆるめで、融...

記事を読む