ファクタリングの審査は厳しい?

金融機関から融資を得るときと同様に、ファクタリングを利用するときにも審査を通過する必要があります。ただ銀行などに比較すると基準はゆるめで、融資を断わられるような経営状態でも審査に通過することは珍しくありません。しかし他方で落ちてしまってファクタリングを利用することができない事例も存在しています。ファクタリングの審査ではどの点が重視されているのでしょうか。
ファクタリング会社が最も危惧しているのは、売掛金債権が偽装された架空の債権ではないことか、と言う点にあります。資金繰りが悪化している会社では、提携会社などと通謀して債権をでっち上げて売買依頼を行うこともありえない話しではありません。そのような事情があるので、審査では取引債権が現実に存在しているのかを各種の書類で調査されます。基本資料になるのは基本契約書や注文書・請求書・領収書などです。これらの書類を確認出来ない場合は、債権の存在に疑義がでる可能性があります。

審査

初めて取引すると言う場合は、過去に一度も入金の事実が確認できないことになります。売掛先が上場企業のような場合はともかく、一般の中小企業では過去から継続取引をしているか否かも審査において重要な事項です。とりわけ架空債権をでっち上げるときにはペーパーカンパニーや休眠会社が利用されることが多いので、売掛先が事業活動を展開しているかもチェックされます。

そしてファクタリングの審査では、利用会社よりは売掛先の信用力が重視されます。とはいっても利用会社の状態を不問で済ませるというわけにもいかない事情があります。とりわけ2社間取引ではファクタリング会社は売掛先から直接現金の支払いを受けることにはならず、利用会社が回収してから売掛金の支払いをうける関係になります。仮に利用会社の経営状況が厳しく売掛金の回収する余裕も無い会社では仮に売掛金を回収しても、運転資金などに流用してしまう可能性がでてきます。そのため一般的にゆるいといわれるファクタリングの審査でも、2社間取引では厳しい審査を受けることになるわけです。この点をチェックするために直近の二三期分の決算書の内容がかぎになります。

さらに利用会社の信用状態を確認するため、借入状況もチェックされます。複数のノンバンクからの借入や他社のファクタリング会社の利用の有無等です。具体的には借入先の支払い予定表や他社のファクタリング契約書などが該当します。

「ファクタリング」の記事について紹介しています。こちらも合わせてどうぞ。
悪徳業者
ファクタリングは違法ではない!しかし悪徳業者には要注意です

ファクタリングは列強が世界をまたに駆けて植民地を巡り覇権を競ってきた時代から、遠方からの輸入などに際し安全な決済手段として登場してきた経緯が...

記事を読む

PC
でんさいサービスとは何か?

商品代金の決済方法では与信行為として約束手形をふりだすという商行為が長らく主流とされてきました。約束手形は原因となる取引行為に解除や無効事由...

記事を読む

消費税
ファクタリングの会計上の扱いは?消費税はかかる?疑問にお答え!

ファクタリングは売掛金債権の譲渡を行い、その対価として現金を得る取引です。資産を売買しているに過ぎないので負債が増加することはなく、会計上売...

記事を読む

融資
ABL(売掛債権担保融資)とファクタリングはどう違う?

手持ちの債権を利用して現金を調達する点で、債権担保融資(ABL)とファクタリングは類似しているのは確かです。そのため両者は混同されがちですが...

記事を読む

カレンダー
ファクタリングのメリットやデメリットを正しく理解

ファクタリング自体は欧米では歴史のある取引形態で、海を越えて商品が行き来する貿易などの際の安全で確実な決済方法として発展し、現在では主要な現...

記事を読む