ABL(売掛債権担保融資)とファクタリングはどう違う?

手持ちの債権を利用して現金を調達する点で、債権担保融資(ABL)とファクタリングは類似しているのは確かです。そのため両者は混同されがちですが、融資であるか債権の売買であるか取引形式の違いのおかげで大きな違いがあるのです。それでは売掛債権担保融資(ABL)とファクタリングとではいかなる違いがあるのでしょうか。
ファクタリングは一つの売掛債権をファクタリング会社に売買する取引です。あくまで債権の売買ですが、売掛先の使用状態や金額に応じて所定の手数料が控除さえれた現金が入金されます。この手数料がファクタリング会社の主な収益源ですが、手数料の相場は5%から20%程度です。

債権担保融資とは、債権を担保にして融資を受ける取引になります。不動産などの担保を保有しない企業でも、売掛金を担保にすることで融資を受けることが可能です。

融資

両者の違いが際立つのは、売掛先債権の支払いを受けることが出来なかった状況です。ファクタリングでは債権を買取った段階で取引は完結しています。仮に倒産などの理由で回収できなかった場合のリスクはファクタリング会社が負担します。ところが債権担保融資では売掛先の倒産などのリスクは債権保有会社が負うことになります。債権者からは売掛先の債務の不履行を理由として支払いを請求されることになります。この債権者の権利を償還請求権と呼びます。ファクタリングでも特約で償還請求権を設定することは可能ですが、償還請求権なし(ノンリコース)で契約するのが一般的です。

また売掛先への通知でも違います。債権担保融資では銀行などから売掛先への通知が必要とされることが多いようです。これに対してファクタリングでは売掛先への通知が必要な3社間取引と、秘密厳守で入金できる2社間取引の二つがあります。売掛先に資金繰りに窮している事実を秘めて取引可能なのがファクタリングとABLの違いです。

そして審査の通りやすさや入金までのスピードでも、債権担保融資とファクタリングは違います。債権担保融資ではあくまで融資の一形態なので、借入企業の信用状況を初め厳密に審査を受けます。そのため審査が完了するまでに少なくとも1週間程度の時間は必要です。これに対してファクタリングでは利用会社の経営状況よりも、売掛先の信用状況が重視されます。赤字経営や税金滞納などを抱えていてもファクタリングではあまり重視されません。審査結果も最短即日で済ませることが多く、スピーディーな入金もファクタリングに軍配があがるようです。

「ファクタリング」の記事について紹介しています。こちらも合わせてどうぞ。
悪徳業者
ファクタリングは違法ではない!しかし悪徳業者には要注意です

ファクタリングは列強が世界をまたに駆けて植民地を巡り覇権を競ってきた時代から、遠方からの輸入などに際し安全な決済手段として登場してきた経緯が...

記事を読む

契約
一括信託の仕組みを解説!

売掛金債権を活用して機動的な資金繰りを可能にするサービスに一括信託という制度が登場しています。一括信託とは銀行が提供しているサービスで、企業...

記事を読む

書類と印鑑
ファクタリングを受ける際に必要なものとは?

ファクタリングを利用するには、電話やメールなどで申込み、簡単な質問で仮審査を受けてから本審査を通過することが必須です。本審査の際には経営者本...

記事を読む

PC
でんさいサービスとは何か?

商品代金の決済方法では与信行為として約束手形をふりだすという商行為が長らく主流とされてきました。約束手形は原因となる取引行為に解除や無効事由...

記事を読む

カレンダー
ファクタリングのメリットやデメリットを正しく理解

ファクタリング自体は欧米では歴史のある取引形態で、海を越えて商品が行き来する貿易などの際の安全で確実な決済方法として発展し、現在では主要な現...

記事を読む